ホーム>業務紹介>介護リフォーム

介護リフォーム

日常がなにもなく平穏に暮らせるのがいい家です。

先々、介護も日常のことです。毎日が無理なく介護を続けられることが大事です。
冨加見建設は、住まいの日常を改善し、「家族の介護の負担」と「これからの老後の心配」を少しでも和らげるお手伝いが出来れば幸いです。

住み慣れた町と住み慣れた家で老後を迎えるために

住み慣れた町と住み慣れた家で老後を迎える

介護リフォームとは、介護が必要な方の自立と尊厳を保てるようにすることが目的です。介護というものは、介護をするご家族のご負担が大きく、それにより介護者の心身の消耗をさせてしまいます。介護をうける方が、ある程度の自立をすることで介護者の負担が軽減するだけでなく、ご本人の尊厳を保てることにもつながります。介護リフォームをすることで、介護する側、される側、ご家族皆様が幸せに暮らせるようになります。

行動を考えて介護リフォームを行う

段差をなくす

段差をなくす

玄関や廊下だけでなく、浴槽の高さや玄関のアプローチなどの高さも低くし、歩行しやすく、最低限跨ぎやすくします。

扉をかえる

扉をかえる

開き扉は幅が狭くなり車椅子だと通りにくく、引っかかったりします。
ですので、引き戸に替えることで開閉しやすく幅が広くとることが出来ます。

床材をかえる

床材をかえる

滑りやすい床材は、高齢者にとって転倒につながります。
そこで、安心して歩行できるように床材をかえます。

手摺をつける

手摺をつける

廊下や段差を安全に歩行するために取り付けます。
トイレや浴室などの立ち座りする場所にも手摺を壁や床に固定させます。
もっともご要望の多いリフォームですが、ご本人様の身体の状態に合わせた細かな計画が必要です。

トイレを和式から様式へ

トイレを和式から様式へ

和式便器から洋式便器に変えるのも介護リフォームの一つです。
洋式でも、動作や介護のしやすい向きに変更したり、自動開閉便器にするのも必要です。

事故が起きる前に

事故が起きる前に

日常生活で不便を感じたら、介護リフォームのタイミングです。
事故が起こってからでは遅いのです。
家族内の誰が事故になる前に、リフォームを検討しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください!!0983-23-0776 メールでのお問合せ

【営業時間】平日9時~18時 土・日祝10時~18時  宮崎県児湯郡高鍋町大字上江3207

ページ上部へ